TOP>「プラズマプラクシス」で新習慣
  
  



水素プラズマウォーター®生成スティック「プラズマプラクシス」は2本1組7980円(予定価格)。 スティック1本からつくることのできるプラズマ水素水は約360リットルが目安です。 2本のスティックでは約720リットル。 つまり、1リットルあたり約11円でプラズマ水素水ができるというわけです。 この価格、市販のミネラルウォーターや市販の水素水と比べてみてください。



※プラズマ プラクシスで、
プラズマ水素水をつくる場合の試算。
4L×90日×2本=720L
7980円÷720L≒11円/L
・スティックの使用期間3カ月(90日)。
・2リットル入りのペットボトルを使い、
1日に朝晩2回つくるとして
1日4リットルを生成。
・水道料金は含みません。


ペットボトルの水を買いに行くのは、重くて案外大変なものですね。 水道水でプラズマ水素水をつくることができるようになれば、 買い物の負担が減ります。それにジャマな空きボトルを捨てる手間ももう要りません。


スティックを抜いて保存したプラズマ水素水は、普通の水と同じように加熱もOK。 お茶やお料理にも利用できます。 1リットル11円なら気兼ねなく使えます。 浸透力・抽出力にすぐれたプラズマ水素水で、料理の味わいを深めてください。

注)スティックは、加熱用ではありません。プラズマ水素水を加熱して使う場合は、必ずスティックを 抜いてください。

従来の水素ガス充填型の水素水は、加熱すると水素ガスが放散してしまうので、 水素水のメリットをお料理に役立たせる事は困難でした。プラズマ水素水は、スティックを抜いても、 加熱しても抗酸化力が変わらないために、お茶やお料理でもエイジングケアに役立つ、画期的な水素水です。


※写真は、水素プラズマウォーター®と普通の水道水の浸透性,抽出性の違いを較べた実験。 コーヒーをひいた粉を同時に投げ入れて約10分後、色や香りの出方をみた。



スティックを抜いても抗酸化力が持続。そこで、女性にうれしいニュースをもうひとつ。 市販のスプレーボトルや最近人気のハンディミストに移しておけば、浸透力の強さで髪やお肌の潤いを高めるのにも役立てることができます。 いつも抗酸化力の高いプラズマ水素水が身近にあると便利ですね。

スポーツや山歩き、ウォーキングの飲料水としてもプラズマ水素水はおすすめ。 激しいスポーツも紫外線も活性酸素の発生要因です。 マイボトルに詰め替えていつも持ち歩いて飲用しましょう。