プラズマプラクシスは、試薬を使って還元能力を検証しています。
パナソニック株式会社解析センターにてプラズマ水素水®の還元能力の有無と効果の持続性を測定しました。

1.リンゲル液(体液の試薬)より早く、PCAM(活性酸素の試薬)を消去。
2.スティックを抜いてからも、PCAM(活性酸素の試薬)を消去。(72時間後)
3.スティックを抜いて煮沸しても、PCAM(活性酸素の試薬)を消去。
※測定依頼先:パナソニック株式会社 解析センター
※測定報告書発効年月日:2015年9月16日 ※報告書番号:Y15TS017